下町芸術祭2021
下町芸術祭2021

下町芸術祭は、神戸市長田区を舞台に2年に1度開催しているアートフェスティバルです。阪神淡路大震災から20年経った2015年に、地域の商店主や建築家、アーティスト、NPOが集まって実行委員会を組織し、新たなインフラを整備することではなく、被災地というキーワードから抜け出し、今、地域が持っている魅力をアーティストの持つ独自の視点や作品を通して、地域住民や来街者に対して提示することを目的に実施しています。

4回目となる今年の特徴は、協働してプログラムをつくる団体数が増えました。新長田を拠点とする「文化芸術」「まちづくり」「多文化共生」に取り組む諸団体と連携しながら実施します。各々の団体や人々の持ち味を可視化させ、手触りのある人間関係へと再構成し、創造性豊かで、持続可能な地域社会を形成することを目指します。

また、2021年現在、新型コロナウィルス感染拡大が長引き、これまで当たり前にあった人と人との繋がりが制限される状況が続いています。このような状況下でも、もともと人と人との社会的距離の近かった「下町」だからこそできることにこだわりました。

ここでの体験は間接的に、このまち・世界・友人・他者・自身とのコミュニケーションを生み出すことでしょう。 表現を通じた豊かな対話により、少しでも日常の活力・ハレの場を今一度取り戻したいと願い、ここに開催します。

NEWS
2021.10.12
下町芸術祭2021スタートしました!【開幕式レポート】
2021.10.10
こて隊ツアーを実施しました!
2021.10.06
公式アート&まちあるきツアーはお申し込みを締め切りました!オンライン参加は受付中です。
2021.09.16
プログラム公開しました!
2021.09.11
サポートスタッフこて隊募集中です!

イベント情報 EVENT

5
日程
#1 :10月9日(土)11:00-
#2:10月23日(土)10:30-
#3:10月17日(日)10:50-
集合場所
#1.3:JR「新長田駅」前
#2:ArtTheater dB KOBE前
7
日程
10月22日(金)19:30-
10月23日(土)14:00-/18:00-
会場
ArtTheater dB KOBE
作家名
垣尾 優(構成・演出・振付)
出演者
秋田乃梨子,石山樹野,川崎萌々子,楠田東輝,久保亜樹子,小松菜々子
10
パフォーマンス

まちを元気に!教坊ライブ

日程
10月17日(日)16:30開場/17:30-開演
会場
スタジオ・長田教坊
出演者
黒拍子(和太鼓),山本朗生,遊合芸能 親舊達/チングドゥル パクウォン&趙恵美

会場エリア別紹介 PLACE

丸山

すり鉢状の急斜面に民家がびっしりと並んだ、独特の景色が広がる町。昭和初期には別荘地として開発され、旅館や遊園地のある「神戸の奥座敷」と呼ばれていました。今回、関連企画として、南から続く坂道を「宙へ上る街道」と題し、丸山に住まうアーティストに焦点を当てた作品展示を行います。長田の持つ新たな側面を、ぜひご体感ください。

新長田

商店街の立ち並ぶ下町らしい風景が広がります。劇場やスタジオの中だけでなく、まちに飛び出したパフォーマンスプログラムを展開します。ここは、様々なルーツを持つ人々が集住するエリアであり、その文脈を受け継いだプログラムにもご注目ください。粉もんをはじめとする下町グルメや、多国籍な料理も外せません。

駒ヶ林

海沿いに広がる古くからの漁師町。ここでは、古民家や防災空地などを舞台に、神戸にゆかりの深いアーティストによる現代アート展を展開します。人の手から生まれた温もりや手触りを感じられる作品が揃いました。また、路地の中でのゲリラパレードも予定。雑多な路地に漂う暮らしの気配と、日常に潜む非日常をお楽しみください。

アーティスト ARTIST

国内ダンス留学@神戸7期生

中村邦生

ちえ坊

滑川みざ

原始放浪記ヤンシ+ノブトウ

みしまあきひろ

Ms&Mrシュウ

わにぶちみき

松縄春香

佐藤美瑛

山本朗生

黒拍子

垣尾優

阪神虎舞

鉄板コテ之介

アクセス ACCESS

下町芸術祭アクセスマップ

丸山エリア

最寄駅
神戸電鉄(有馬線)丸山駅
神戸市バス(4系統)丸山/(17系統)花山町
会場まで
丸山駅より徒歩10分圏内
神戸市バス(4系統)丸山より徒歩10分圏内
神戸市バス(17系統)花山町より徒歩20分圏内

新長田エリア

最寄駅
JR新長田駅
神戸市営地下鉄(西新・山手線/海岸線)新長田駅
会場まで
新長田駅より徒歩15分圏内

駒ヶ林エリア

最寄駅
神戸市市営地下鉄(海岸線)駒ヶ林駅
JR新長田駅
神戸市営地下鉄(西新・山手線/海岸線)新長田駅
会場まで
駒ヶ林駅より徒歩10分圏内
新長田駅より徒歩20分圏内

サポートスタッフこて隊 STAFF

下町芸術祭はサポートスタッフこて隊の力でつくっています。
会期前から会期中にかけて、作家の手伝いや会場の準備・監視、イベントのサポート、広報など様々な仕事を担っています。こて隊に参加して一緒に芸術祭を盛り上げてくださる方を募集しています。年齢や経験は問いません。どなたでもお気軽に、ご参加をお待ちしております。